タッドの気まぐれフォト[Le foto capricciose di Tad ]

tad64.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 06月 20日

     < 古知谷 阿弥陀寺(こちだに あみだじ) >

大原の里のさらに北、古知谷という山間に阿弥陀寺があり
5月26日学友達と国際会館駅から京都バスに乗って出掛けてきました。

c0036080_11461342.jpg





京都バス終点からゆっくりと北に向かって歩きます

c0036080_11472319.jpg

c0036080_11490724.jpg



当日はとても良いお天気でも市内では33℃との予報でしたが
大原の北まで来るととても爽やかで快適なハイクになりました。

c0036080_11494686.jpg



歩くこと小一時間程で道路わきの駐車場に到着です。

c0036080_11540663.jpg

c0036080_11522287.jpg


c0036080_11543578.jpg


阿弥陀寺の入口には、印象的な中国風の楼門が見られます。
楼門を抜けると、青々とした新緑に包まれた参道が。

c0036080_11555345.jpg



緑の中を歩いているとすがすがしく、心まで洗われるようです。

c0036080_11572976.jpg

c0036080_11580293.jpg



高野川の支流が道に沿って流れており心が洗われるようです。

c0036080_11583811.jpg



次第に上り坂が急になって、息が苦しくなったころに漸くお寺が見えだしました。
その手前には二段に落ちる「実相の滝」が心を和ませてくれます♪

c0036080_12043272.jpg


c0036080_12082490.jpg

c0036080_12085937.jpg



石垣の上に建つ「瑞雲閣」、懸崖造りの茶室ですが
良くもこのような造りにしたものだな~あと感心するばかり。

c0036080_12093931.jpg

c0036080_12115677.jpg

このお寺は江戸時代初期、弾誓(たんぜい)上人という方が
開いた念仏道場に始まると言われています。
この続きがありますので又お立ち寄りください。









by tad64 | 2019-06-20 13:57 | 6月 | Comments(6)
Commented by BBpinevalley at 2019-06-18 13:25
昔の人も、大したエンジニアリングで家を建てるものですね。
ああいう崖っぷちに、景色を求めて建てられた家をこちらではよく見ますが、なんだか怖いようで…
緑が綺麗で、山の中はひんやりしていて気持ちが良いことでしょう。
Commented by voyagers-x at 2019-06-19 08:47
おはようございます ! !
素敵な自然がたくさん楽しめそうですね
お弁当を持って、ゆっくりと歩きながら
あー、健康的ですね
Commented by 花布 at 2019-06-19 23:38 x
以前から尋ねたいお寺のひとつです。
写真から清々しい空気と木々の香、水の音まで感じ、
深呼吸したくなりました。 
天然記念物の大楓も見ることが出来ますか?
次ページを楽しみにしています。
Commented by tad64 at 2019-06-20 14:04
★ BBpinevalley さん
このようなお茶室からの眺めは普通のお茶室とは全く違った景色を愛でることが出来るのでしょうね。
そう言うことまで計算しつくして、わざわざ難しい造りをされたのでしょうが先人の知恵は趣がありますよね(^^♪
Commented by tad64 at 2019-06-20 14:09
★ voyagersさん
学友たちとのんびりと京都のあちこちをウオーキングして回っています。
この日は快晴で市内ではかなり暑かったそうですが大原の山奥では涼しいそよ風を受けながら快適なウオーキングしてきました。
間もなく80歳を目前に出来るだけ足腰を鍛錬し、隣人には出来るだけお世話にならないようにと心がけています。
Commented by tad64 at 2019-06-20 14:14
★ 花布さん
いつもお訪ね頂きありがとうございます。
こちらには未だお出掛けになられていないのですね。実は私も初めてなんですよ♪
大原の奥にこのような立派なお寺があるなんて知らなかったのですが友人が案内してくれました。
大楓は見事なものでしたよ! 機会があれば是非お出掛けください。紅葉時期が素敵でしょうね・・・


<<     < 古知谷 阿弥陀寺 ② >           < 京都ハリストス正... >>