タッドの気まぐれフォト[Le foto capricciose di Tad ]

tad64.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 06月 14日

    < 長いお別れ >

第143回直木賞作家 中島京子原作の「長いお別れ」を見に行ってきました
蒼井優・竹内結子・松原智恵子・山崎勉 それぞれの役柄がとても上手く
しかも物語の内容が私達夫婦にとってもかなり身近に感じる事柄なので
何だか身につまされる感じで見入ってしまう素晴らしい作品でした♪

c0036080_14184337.jpg





京都・二条東宝ムービックスで観たのですが、やはり年配者ばかりでした。

c0036080_14222745.jpg

c0036080_14224628.jpg



70歳になったころから認知症が始まりだし
年が進むにつれて症状が徐々に厳しくなり
7年後には誤嚥性肺炎を患い亡くなると言う
身近によく聞かされる事柄だが
山崎努の演技が本当に素晴らしい♪
(写真はロビーのCMモニターから撮ったものです)

c0036080_14234154.jpg


c0036080_14315048.jpg

c0036080_14320904.jpg



長女演じる竹内結子はご主人の勤務の関係でカルフォルニアで
息子と三人暮らしだが、度々父の病状の進行都度帰国せざるを得ず
家族間の葛藤も重なり悩む姿を上手く表現し、いい味を出していました!

c0036080_14375868.jpg



次女役の蒼井優は父母と近くに住まいながら母を支え
色々と細かく世話を尽くす役柄をいい感じで演じていました。

c0036080_14422754.jpg



この笑顔本当に素敵ですね♪

c0036080_14424351.jpg

c0036080_14434080.jpg



優河さんの歌う主題歌「めぐる」はエンディングでしんみりさせてくれました♬
本当に良い歌ですね。皆さんも是非一度聞いてみてください!

c0036080_14440192.jpg


c0036080_14464735.jpg

c0036080_14471164.jpg



その後、美術館「えき」で
「安珠写真展 Invisible kyoto-目に見えぬ平安京」を観てきました。

c0036080_14503412.jpg



安珠さんは国際ファッションモデルから転身し、
写真家として活躍中の女流写真家です。
(この写真だけは撮影OKでした)

c0036080_14524128.jpg


この写真は京都・上賀茂神社の神馬を撮られたものです!



by tad64 | 2019-06-14 09:00 | 6月 | Comments(4)
Commented by voyagers-x at 2019-06-14 09:20
おはようございます ! !
ついつい、すごく人気にはやりの映画ばかり見ますが
たまには心を揺すぶるような名作を見たいものですね
結構昔に比べて涙もろいので........
たかが、朝ドラ見て泣いてしまうことがあります ^^;
Commented by marucox0326 at 2019-06-14 10:56
こんにちわ。

私には身近か過ぎて見るのが怖くて見に行けません。
いまだ介護生活の中にあるので、被介護者にも介護者にも
思い入れが強くなってしまいそうだからです。

山崎勉さん、若い時とても素敵でファンでした。
老いてもやっぱり素晴らしい俳優さんですよね。

でも中島京子さんの原作は読んでみようと思っています。
「小さいおうち」も良かったし。

いつかわが身にも降りかかるやもしれない認知症・・・・
お互い今を大切に楽しんで行きましょうね^^

Commented by tad64 at 2019-06-15 14:58
★ voyagersさん
いつもコメントをお寄せいただき本当に有難く思っています。
voyagersさんも涙もろいのですね! 実は私も最近どう言う訳か涙腺が直ぐ緩むんですよね。
エンディングに流れる優河さんの歌がじ~んと胸に来てどうしても堪え切れませんでした!
いつか経験するかも知れない身近な事柄だけに身につまされます。でも是非見て頂ければと思います。
Commented by tad64 at 2019-06-15 15:07
★marucoxさん
コメントいただきありがとうございました。
そうですよね、介護を続けておられる方には少し辛いかもしれませんね。
でもこの映画はそれ程辛く感じるストーリーには仕上げていない様に自分的には感じて帰りましたが。
(自分は介護の経験が無いのでそのように言い切れる資格は無いかのしれませんが・・・)
認知症はいつ自分も発症するかも知れませんね。この映画を見てこれからの生活の心構えが少し気づいたこともあり、自分としては観て良かったと思っています。


<<     < 街中ウオッチ >          < 革 堂 > >>