タッドの気まぐれフォト

tad64.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 02月 27日

< 水尾・柚子の里 2 >

バス停まで来るといよいよ柚子の里の集落に近くなりました。
     柚子の里「水尾」は京都市内に残る数少ない秘境の地と言われています。
              40戸ほどの上品な構えの民家が愛宕山(あたごやま)の山肌に貼り付くように佇んでいます。

c0036080_15540037.jpg







どのお家も佇まいが立派で裕福さが見て取れますね。
c0036080_16023378.jpg

特産の柚子を水尾で堪能してもらおうと40年ほど前から始まったそうです。
柚子の収穫時期10月終わりから3~4月にかけて数軒の民家が開放され、
まるで里に帰ったかのような雰囲気の中、温かいもてなしが受けられます。

c0036080_16081108.jpg

京都では「愛宕さん」と呼び親しまる、標高924mの山があります。
その登山口のひとつがここにありました。ここからの道はかなり急な坂道の連続だそうです。

c0036080_16085375.jpg

もう間もなく目的地「山重(やまじゅう)さん」です。
c0036080_16104754.jpg
                  やっと到着しました!送迎バスで来た仲間とほぼ同時に到着です。
c0036080_16124435.jpg

                 こちらの「山重」さんは四名以上なら2日以上前に予約すれば良いとの事でした♪
                 午前10時~午後5時までゆっくりさせていただけます。
                料金は地どりのすき焼きが5300円、地どりの水炊きが5500円です。
c0036080_16182834.jpg



                    部屋でお茶を頂き一休みしたら、先ずは柚子風呂に入らせていただきます。
                    こちらでは6人用と4人用のお風呂が二つ用意されているので皆で楽しく入れましたよ♪

                     柚子風呂は生柚子を半分に切り、それを木綿袋に入れて風呂に浮かせるものです。
                   昼間が一年で一番短い「冬至」に柚子風呂に入ると、その一年は病気知らずといわれます。
                  風呂いっぱいに広がる柚子の香りに気分も爽快、
                  あがった後の体にはほのかに爽やかな柚子の香りが残ります。

c0036080_16240474.jpg


さて柚子風呂を堪能した後、一息入れた所で地どりのすき焼きの段取りが。
柚子はもちろんのこと、お野菜は地元で穫れたもの、
また鶏も地鶏で京都の食材の美味しさを堪能できますよ。

c0036080_16304381.jpg
                 「地鶏の水炊き」と「地鶏のすきやき」の二種類が選べます。
                    水炊きでは柚子をしぼっただしじょうゆで、
                 すきやきは柚子とおろし大根、そして卵でいただいてます。
c0036080_16380392.jpg
c0036080_16395656.jpg
             いよいよお家の方がすき焼き鍋に火をつけて材料を入れ準備をして下さいます。
c0036080_16425053.jpg

                  地どりをたっぷりと鍋に入れてぐじゅぐじゅと煮え始めましと
                       部屋に美味しいにおいが充満します。
c0036080_16432924.jpg
               出来上がったら皆んな一斉に地鶏の卵をかき回し、それに絡ませて頂きます。
             鶏肉は柔らかく家で採ったお野菜からも美味しいお味が染み出し何とも言えない美味しさ!
c0036080_16453359.jpg
                     食べても食べても食べきれない程の量で、
                  ついつい頑張って日頃の倍くらい食べちゃいました♪
c0036080_16512268.jpg
               食べる事に専念したものでこの後の写真を撮るのさえ忘れちゃいました。
                久しぶりに同級生17名が一同に集まり美味しいすき焼きと
                  楽しい思い出話で良い一日を堪能して来ました!!
c0036080_16554855.jpg
                      帰りに出会った村の子供たちです。
c0036080_16553649.jpg









by tad64 | 2018-02-27 16:56 | 2月 | Comments(8)
Commented by border72 at 2018-02-27 22:41
何だかとってもうらやましいことしてますねえ。(^^)
地鶏のじゅんじゅんおいしそうです。
あ、湖北ではすき焼きのことをじゅんじゅんというんです。
Commented by voyagers-x at 2018-02-28 09:58
おはようございます ! !
たくさん歩かなくてはいけなさそうな農村風景
でもたくさん歩いた後は.......
ボリューム満点ですね
食べきれなさそうですね

Commented by youko19530222 at 2018-02-28 18:30
あ~すき焼き食べたい💕 地鶏は美味しいですよね。そして京都野菜も大好きです。
水尾の矢印は何回も見てるんですが行ったことないです。良いところですね。うちは全員、柚好きで昨日もジュースにして飲みました。皮は刻んで冷凍して何にでも入れて食べてます。一度行ってみたいです。娘は何回も愛宕山に登ってます(^^)
Commented by blackfacesheep2 at 2018-02-28 22:12
同級生と鍋を囲む・・・
良いですねえ、話も弾んだのでしょうねえ♪
愛宕山・・・あのケーブル駅の廃墟があるところでしょうか。
廃墟ふぇちの私としては、いつの日か、訪れてみたい場所のひとつなんですよ。^^
Commented by tad64 at 2018-03-01 18:39
★borderさん
ええ! 湖北ではすき焼きのことをじゅんじゅんというんですか!
知らなかったですよ♪ 何だかその言葉を聴くと美味しそうな感じが伝わってきますね。
では水炊きはどう言うのですか?
Commented by tad64 at 2018-03-01 18:49
★voyagerさん
大体4キロの行程でしたがず~っと上り坂なんで約1時間ほど掛かりました。
思っていた程寒くなくてうっすらと汗をかく位の運動量です。
到着して一息入れた後、柚子風呂にゆったりと浸かった時の爽快感はもう最高でした♪
そうそう一皿に盛られた地鶏を4人で食べたのですが食べ切れませんでした!
他の仲間のもどれも残してましたですよ♪
Commented by tad64 at 2018-03-01 18:56
★ youkoさん
お嬢様は何回も愛宕山に登っておられると言うのにyoukoさんは水尾には一度も行かれて無いなんて・・・
是非一度お出掛け下さい。4人以上なら予約出来、送迎もしてくれますので。
私が今回行ったところは「山重(やまじゅ)」さんで電話は075-861-2377です。
Commented by tad64 at 2018-03-01 19:05
★ blackfacesheepさん
実は中学・高校・大学と共に学んだ学友達17人だったのでとても話が弾んで時間があっという間に経っちゃいました!
4月1日には西吉野に桜を愛でに行く事に決りました♪
2ヶ月に1度くらいはその内の数人とはハイキングしてるんですよ。
愛宕山のケーブル駅の廃墟は良くは知らないんです。実は京都人なのに愛宕山には一度しか行っていないんですよ・・・(苦笑)


<< < 無 題 >      < 水尾・柚子の里 > >>