タッドの気まぐれフォト[Le foto capricciose di Tad ]

tad64.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 07月 03日

比叡山延暦寺

ガーデンミュージアム比叡で昼食をとり展望台から360度パノラマ展望した後延暦寺に向かいました。
延暦寺はご存知のとおり世界文化遺産であり、根本中堂は見逃せない処です。
c0036080_1485692.jpg

比叡山を本格的に開いたのは、伝教大師最澄(でんぎょうだいしさいちょう)上人で延暦7年(788年)現在の総本堂・根本中堂を創建して比叡山を開きました。

最澄は鎮護国家の為には、真の指導者を育成しなければならないとして、比叡山に篭もって修学修行に専念する12年間の教育制度を確立し、延暦寺から多くの高僧碩徳を輩出することになりました。

特に鎌倉時代以降には、浄土念仏の法然上人、親鸞聖人、良忍上人、一遍上人、真盛上人、禅では臨済宗の栄西禅師、曹洞宗の道元禅師、法華経信仰の日蓮聖人など日本仏教各宗各派の祖師方を育みましたので、比叡山は日本仏教の母山と仰がれています。





撮影では時々尋ねはするのですが撮影禁止のお堂内に入るのは今回が初めてです。
c0036080_14111790.jpg


c0036080_14124133.jpg


文殊堂へ登る急な石段から眺めた根本中堂です。
c0036080_14244292.jpg


c0036080_14253239.jpg


石段はかなり急勾配で途中一息入れないと少し辛い感じでした。
(私は写真を撮る振りしながら休んでいましたが・・・笑)
c0036080_1428477.jpg


緑が目に優しく爽やかな風に吹かれて階段の辛さを吹き飛ばしてくれます。
c0036080_14311016.jpg


文殊堂内も拝見させて頂けますがその階段はほとんど垂直かと思えるほどの急なものでした。
c0036080_14334679.jpg


c0036080_1434573.jpg


根本中堂へ行く道中に講堂に立ち寄りました。
c0036080_14351950.jpg


c0036080_14354114.jpg


c0036080_1436870.jpg


講堂の側に釣鐘堂があり一突きさせて頂きました。(写真の方は私ではありません)
c0036080_14374988.jpg

日頃比叡山を眺めながら生活させて頂いていますが改めて尋ねると世界遺産の素晴らしさがよ~く感じられました!
鐘を突かせていただきながら世界平和を願ってきました♪

by tad64 | 2013-07-03 14:40 | 7月 | Comments(4)
Commented by ue at 2013-07-03 18:06 x
最初のお写真では、車いす、赤ちゃん連れにもお参りできるようにスロープがあったんですね。
さすが世界遺産にふさわしい一面です。
 八瀬のケーブルカーは、日本一の長さと言われているらしいです。登り口に有る「瑠璃光院」もいいですね。
Commented by bishamonjuku at 2013-07-04 23:55
中学修学旅行で根本中堂を訪れたのが40年近く前のことです。
いつかは酒井大阿闍梨にお目にかかりに行きたいと思っていますが、なかなか叶いません。
Commented by tad64 at 2013-07-05 22:46
★ ue さん
京都は世界遺産に恵まれているので本当に有り難いですね。
しかも手軽に出かけられるのがとても嬉しい限りです。。。
八瀬のケーブルカーは日本一の長さだったんですね。ありがとうございました。
Commented by tad64 at 2013-07-05 22:50
★ 塾長 さん
ご無沙汰しております。お立ち寄り下さいましてありがとうございました。
中学の修学旅行が京都でしたか。私は東京・鎌倉界隈でした。
もう57年前のことになりますが。(苦笑)
是非もう一度京都にお越し下さい。祇園祭が始まりますよ!


<< お食事処      ガーデンミュージアム比叡 >>