隋心院の「はねず踊り」

27日(日曜日)京都の隋心院で「はねず踊り」が行われた。
この踊りは小野小町の伝説を主題としたものだがいつ頃から踊られたかは分からないらしい。しかし今から八十余年も前には里の子たちが家々を訪ねて門内の庭で踊ったことは明らかなようだ。
「はねず」とはうす紅色のことを言い、隋心院の紅梅は古くからこの名で親しまれている。


① 隋心院の梅園
c0036080_2332953.jpg


② 
c0036080_23402517.jpg



c0036080_23411989.jpg


④ 「はねず踊り」
この踊りは小学校3年生から6年生の16名の女の子達が昨年11月から練習を重ねて今日初舞台を踏んだとのこと。
c0036080_234368.jpg


⑤ この着物は新しく作り直して先月出来上がったところと言っておられた。
  本当に美しい色合いで少女達の踊りととてもマッチしていると思った。
c0036080_23444834.jpg



c0036080_23455031.jpg



c0036080_234612100.jpg

# by tad64 | 2005-03-27 23:55 | 祭り | Comments(8)

京都・二条城

3月16日、とても暖かな小春日和だったので、二条城に行ってきました。
私もここに入るのは20数年振りでしょうか、日本のお城はヨーロッパのお城と違いとても洗練されていると思いました。

城内には梅園があり、1本の木に紅白の花を咲き分ける源平咲き分け、シダレウメなどがあります。

今、京都では着物を普及させる為に京都市が企画して、着物を着て「京都着物パスポート」を呈示すれば入城料が無料となっていました。

今日は京都観光のつもりでご覧ください。



① 元離宮二条城
c0036080_1525234.jpg


② お堀
c0036080_15265740.jpg


③ 庭園
c0036080_1532363.jpg


④ ソテツに二条城ならではの「こも」が掛られています。
   これは宮内庁特有の伝統技法だそうです。
c0036080_1534220.jpg


⑤ お堀に紅梅が写っていました。
 
c0036080_15395366.jpg


⑥ 1本の木に紅白の花を咲き分ける源平咲き分けの梅です。
c0036080_1544189.jpg


⑦ 「しだれ梅」 めずらしいですね。
c0036080_15455561.jpg


⑧ 「白梅」
c0036080_1547776.jpg

# by tad64 | 2005-03-24 15:50 | 京都慕情 | Comments(11)

京都・花灯路

20日の日曜日に京都市美術館で開かれている「日本大判写真展」を家内と見に行ってきました。
その帰り、丁度「京都・花灯路」が行われていたので円山公園を抜けて高台寺、二年坂、産寧坂辺りをぶらりと回ってきました。

ところが、お彼岸の三連休とあって、想像以上の人出で早々に退散して帰りました。
お目当ての「京都・花灯路」は人混みで取れませんでした。残念!


① この人混みでは歩くことも大変。
c0036080_18472217.jpg


② この辺りは道幅が広く良い雰囲気でした。
c0036080_18484142.jpg


③ 灯が燈るととこのような感じになります。
c0036080_18493832.jpg


④ 丁度そこに舞妓さんが舞台で舞を披露するため人力車で駆けつけてこられました。
c0036080_1851391.jpg


⑤ 帰りがけ、偶然円山公園で「火の用心」と拍子木を叩いて女の子達が夜回りしているのに出くわしました。
c0036080_18543917.jpg


今日はお目当ての写真が無くごめんなさい。
次回以降をお楽しみに!
# by tad64 | 2005-03-21 18:59 | 京都慕情 | Comments(4)

北野天満宮の梅

昨日ぶらっと北野の天神さんに行ってきました。
梅はどうかなーと心配だったのですが、木によっては未だつぼみさえつけているのがありました。
天気は日が差して良かったのですが、にわか雨が降って来ました。
雨宿りしながら撮った写真が結構気に入ったのがありました。


① 
c0036080_14512596.jpg


② 
c0036080_14542039.jpg


③ 
c0036080_1455214.jpg

# by tad64 | 2005-03-19 14:57 | | Comments(1)

「幸在祭」

数え年で15歳の少年を「成人」と認めて祝う「幸在祭」が2月24日に京都の上賀茂神社周辺の「大田神社」で行われました。

これは、氏子に伝わる儀式で元服の習俗にならい始まったと言われています。
子供を卒業すると言う意味の「あがり」と呼ばれる少年が大島紬に身を包み、一緒に太鼓を打ち鳴らして地区を巡回するのです。

そのような京都に残る伝統的な地区のお祭りをタッド編集長は取材してきました。


① 子供たちが鐘、太鼓を打ち鳴らして大田神社に集まってきます。
c0036080_1803598.jpg


② 15歳の成人として今日の主役を務める二人です。
   未だあどけなさが漂っていますね!
c0036080_1832820.jpg


③ この子も今日の主役の一人です。ちょっと男前でしょう! 笛を吹くおっちゃんが又たまらないですね。。。
c0036080_1842361.jpg


④ 各町内から「大田神社」に行列を作って集まってくるのです。
c0036080_1815859.jpg
 

⑤ おまけ写真。太鼓の陰が印象的でした!
c0036080_18185344.jpg

# by tad64 | 2005-03-17 18:20 | 祭り | Comments(2)

瀬戸大橋を遊覧船で

永らくご無沙汰いたしておりました。
久し振りの更新です!

そうそう、皆様にご報告があります。実は今回から「タッドの気まぐれフォト」と言う表題に変更させて頂きました。
これで京都に縛られることなく気ままに載せさせて頂けますね。(笑)


今日は先回の倉敷美観地区の訪問と同じ日に瀬戸大橋の遊覧船観光をした時の写真を遅ればせながらUPさせて頂きました。

笑う遊覧船「はつひ丸」が鷲羽山の麓にある下電ホテルから出ているのです。
約1時間掛けて瀬戸大橋の6個の橋をめぐり、名物ガイドのおっちゃんが面白おかしく案内してくれます。

6つの橋とは、倉敷側から順に①「下津井瀬戸大橋」②「櫃石島橋」③「岩黒島橋」④「与島橋」⑤「北備讃瀬戸大橋」⑥「南備讃瀬戸大橋」と並んで坂出に繋がっています。

瀬戸大橋は、高速道路が上側、高速鉄道が下側を走る二階建構造の橋で、世界でも例のない最大併用橋としてわが国の橋梁技術の粋を結集して建設されている全長約9.4Kmの橋だそうです。

参考に、鷲羽山は瀬戸内海国立公園随一の展望台で、四国の連山を正面に東の播磨灘から西の水島灘までのパノラマ展望が広がっている景勝地です。

私は家族共々約四年半、岡山に暮らしたことがあり、とても懐かしかったです。

① 意外と美しい船着場の浜辺でした。
c0036080_22291580.jpg


② 瀬戸大橋の全景
c0036080_22302785.jpg


③ 船尾から波を捉えて見ました。
c0036080_22334162.jpg


④ 美しい橋ですね!
c0036080_2236345.jpg



次回は久し振りに京都の上賀茂神社界隈に伝わる地方色一杯のお祭りをお届けする予定です。出来るだけ頑張ってUPしますので忘れないでお付き合いくださいね。
# by tad64 | 2005-03-15 22:42 | | Comments(5)

倉敷Ⅱ

倉敷旅行で拾った写真数点を昨日に引き続きお届けいたします。


① KURASHIKI IVY SQUARE
c0036080_1437298.jpg


② 街で見かけたこの人はだあ~れ?
c0036080_14493687.jpg


③ 横顔をちょっと拝見。判次郎さんとおっしゃるそうです!

c0036080_14514463.jpg


④ 
c0036080_14541293.jpg

# by tad64 | 2005-02-26 14:57 | | Comments(5)

倉敷・美観地区

 いよいよタイトルを変更せねばならなくなって来ました。
今回も京都ではなく、倉敷なんです。よってタイトルを「タッドの気まぐれフォト」(仮題)とでもしようかと考えています。。。
(何か良いタイトルあればお聞かせくださいませんか!)

実は、自宅近くの「進々堂」と言うベーカリーで良くパンを買うのですが、家内が「初冬感謝セール」に応募したら、なんと「湯ったり、わしゅう温泉と倉敷美観地区散策日帰りの旅」無料招待が当たったんです!
それにタッド編集長も取材と言う名目で1名分実費を払って参加したと言う次第です。ハイ!

先ず、今日は倉敷の町並みをUPさせて頂きます。
ご報告写真ですのでその点よろしく。。。

① 美観地区のほぼ全景です。
c0036080_2281078.jpg


② 何かタイムスリップしたようですね。
c0036080_22134112.jpg


③ 女性の郵便屋さんが通りかかりました。
c0036080_2230852.jpg


次回はちょっと面白い写真などをお見せいたします。
ご期待くださ~い!!
# by tad64 | 2005-02-25 22:41 | | Comments(2)

南部梅林と関西空港

またまた京都を離れてのUPです。
その内「京都の四季」のタイトル変更しなくちゃー!(笑)

2月19日に京都新聞旅行センター主催のモデルつき撮影会に出かけてきました。
まず日本一番の規模を誇る和歌山・南部梅林でを訪れ、その後関西空港に立ち寄り、夜景を撮影してきました。

初めてモデルさんを撮影するので、ソフトフイルターも試しに使ってみました。
梅林撮影の後半から雨模様となり、天候が良くなかったのですが、それなりに楽しい撮影会でした。


とても感じの良いモデルさんで、身長は何と171cm。
昨年のミス京都に選ばれた方です。
c0036080_18351830.jpg


梅は早くも7分咲き。とても良い香りが漂っていました。
c0036080_1838662.jpg


紅梅もモデルさんを引き立て、華やいだ雰囲気をかもし出していました。
c0036080_18453361.jpg

# by tad64 | 2005-02-21 18:58 | 2月 | Comments(6)

北野天満宮の梅と上七軒の舞妓さん

2月15日 京都で一番有名な梅の名所、「北野天満宮」に行ってきました。
まだ梅は少し早い感じでしたが、とても良い香りが漂っていました。
京都の梅もこれからが本番です!

c0036080_2255047.jpg

c0036080_2263611.jpg



天満宮さんの直ぐ近くに上七軒と言う花街があります。
上七軒の舞妓さんも梅を見にきておられました。
上七軒の舞妓さんです。


c0036080_2282654.jpg

# by tad64 | 2005-02-17 22:19 | 京の芸舞妓さんたち | Comments(8)

大阪城の梅林

13日にカメラ仲間と大阪城の梅林を撮影に行ってきました。
朝方は曇っていたのですが、午後から暖かな日差しとなり大勢の方々が観賞に来られていました。


大阪城はいつ見ても威風堂々としていて良いですね
c0036080_21375658.jpg


こんなに大勢の人が来ておられましたよ。
c0036080_21393327.jpg


なかなか良いツーショットでしょう。
c0036080_21404572.jpg


c0036080_21421195.jpg

c0036080_21424854.jpg
c0036080_2143982.jpg


大阪城のお堀の向こうにこんなビルが。
c0036080_2145610.jpg

# by tad64 | 2005-02-14 21:48 | | Comments(5)

京都・美山の雪景色

2月5日、6日と1泊2日で京都・美山の茅葺屋根の里へ雪景色を撮りに出かけてきました。
2日に京都でも雪がかなり降ったので、雪深い里の景色は別世界のようでした。
丁度この時期「美山の雪祭り」が行われており、夜にはライトアップされ幻想的な雰囲気をかもし出していました。



茅葺屋根の家がライトアップされ、おとぎ話の様な景色です。
c0036080_21192024.jpg


美山で最も有名な所です。
これらの茅葺屋根の家々は現在も全て生活されています。
c0036080_21313463.jpg


村の中心を通る道路は除雪されており、京都市内から1時間30分程度でたどり着けます。
この日もカメラマンが大勢きていました。
c0036080_21344085.jpg


懐かしい郵便ポストでしょう!
c0036080_2136783.jpg


お地蔵さんも寒そうです。
c0036080_21371373.jpg


こんなに積もっていたのです。
c0036080_21382569.jpg


カーブミラーに映る茅葺の家
c0036080_21394160.jpg


この日はとても寒かったです!
c0036080_21414313.jpg


民家の軒先には懐かしい蓑笠が掛けてありました。
c0036080_2143411.jpg



京都から1時間半ほどでこのような山里の村に来ることができるのです。
茅葺屋根を維持保存するのはなかなか大変なようですが、いつまでも残していって頂きたいものですね。
京都に来られた折はご案内させていただきますよ!
# by tad64 | 2005-02-12 21:58 | 京都慕情 | Comments(2)

伊丹までちょっとお散歩

京都からちょっとお散歩と、伊丹空港近くの昆陽池まで鳥を撮りに行ってきました。
ここの池では日に二回餌を与えるので色々な鳥が集まってきます。
飛ぶものは今まで撮ったことが無かったので初挑戦。


9時と3時のお食事時間には一斉に集まってきます。
c0036080_23334889.jpg



お母さんと一緒に鳩さん達にパンのミミを。
とてもたのしげでした。
c0036080_22405391.jpg


可愛い子供に鳥たちも仲良しになっちゃったみたい!
c0036080_22471941.jpg


ユリカモメ。 なかなか良い顔してますね。
c0036080_2254153.jpg


飛び立つ瞬間!
c0036080_22552841.jpg




池のすぐ近くに「昆虫館」と言うのがあり、大きなドーム型温室の中では色々の種類の蝶が飛び交っていました。
c0036080_2341470.jpg

# by tad64 | 2005-02-09 23:40 | 2月 | Comments(2)

京都・八坂神社の節分祭

京都の八坂神社で2日、3日と「福は内、鬼は外」でおなじみの節分祭が催され、花街の舞妓さん達が豆まきをして、この1年の幸せを願います。
 この日は祇園の舞妓さん達が華やかな衣装を身につけて参加。境内の舞殿で舞を奉納したあと、年男らと一緒に豆をまき、大勢の参詣客が福豆を競って受けていました。
さらに福を授ける鬼も登場し、参拝者に向かって餅をまき、そのあと境内を回って訪れた大勢の人たちの頭に手をかざし、健康と招福を授けてくれました。


祇園の舞妓さん達の舞が奉納されます。
c0036080_2211952.jpg



舞妓さんの豆まき
c0036080_2283537.jpg

c0036080_2294934.jpg


芸妓さんと年男の豆まき

c0036080_22122517.jpg


子供にもお願いとお母さんが。でも子供は怖がって泣いていました!
c0036080_22244549.jpg

c0036080_22261728.jpg


鬼さん達の勢ぞろい
c0036080_22274869.jpg

c0036080_22281447.jpg

c0036080_22384999.jpg



c0036080_22411718.jpg

# by tad64 | 2005-02-04 22:33 | 祭り | Comments(4)

京都・祇園の「初寄り」

 1月13日は祇園では「初寄り」と言う行事が行われます。
女将さんの話では「年初のお流儀の寄り合いみいたいなものどす。」とのこと。
今年もますますお稽古に励みましょう、という気持ちを新たに、芸舞妓が師匠宅に集まるのだそうです。
 そして舞妓さんの話では、「お家元のおたくで、お師匠さんとお盃をかわして、お雑煮をよばれるんです。それから舞妓と芸妓がふたりずつ順番で、お茶屋さんの役員さんとお師匠さんの前で舞を舞うんどす。そのあとで、お師匠さんと名取りさんだけがお盃をまた回して、お雑煮をよばれて・・・。」
京都祇園ならではの情緒あるしきたりですね。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

ここは舞妓さん達が舞のお稽古するところなのです。
「初寄り」には先ずここに集まってこられるので、早朝から準備に大わらわです。
先ずは足元を清めて!
c0036080_10113253.jpg



時間になると、女将さん、芸子さん、舞妓さん達が次々に訪れてこられます。

c0036080_10164343.jpg

c0036080_1017879.jpg

c0036080_10175155.jpg


一度京都の祇園にもおこしやす、おまちしております。
# by tad64 | 2005-01-26 10:24 | 京の芸舞妓さんたち | Comments(1)

武射神事

c0036080_2342482.jpg

1月16日に上賀茂神社で「武射神事」が行われた。
先ず清めのかぶら矢が神官によって古式豊かに放たれ、正月恒例の神事が始まる。

最初は1人の神官が射場に現れ、狙いを定めて見事標的を射止めた。
これで今年も平穏な日々が訪れてくれる事を心に願った。

標的は約10メートル強あるだろうか。
c0036080_23175323.jpg

矢が飛んで行くところがご覧いただけるだろうか!
c0036080_23204434.jpg

次は8人が並んで威風堂々とした様を見ていると、一瞬タイムスリップしたかのような錯覚さえ起こしてしまう。
c0036080_23243840.jpg

# by tad64 | 2005-01-19 23:35 | 祭り | Comments(3)

成人式

1月10日には成人式が京都でも賑やかに開催されました。
京都会館の式場に入りきれなかった人達も外でお互い祝い合っていました!
c0036080_11475343.jpg

今どきの人は携帯無しでは日も暮れないと言う感じですね。。。
c0036080_11492482.jpg

誰に架けているんでしょうかね!無論○○ですよね
c0036080_11534994.jpg

それぞれの民族衣装で記念撮影。華やかですね
c0036080_11555598.jpg

男はおっぴらに酒が呑めると、一気飲みをあちらこちらでやっていましたね。
それにしてもこの男性和服がお似合い
# by tad64 | 2005-01-18 12:01 | 1月 | Comments(0)

京都・十日えびすさん

1月10日に十日ゑびす大祭が行われる京都ゑびす神社、京都では「えべっさん」と呼ばれています。
1月8日以降、四条縄手の交差点から南の道は、両脇の露店と商売繁盛を願う人々の列で身動きが取れないほどの混雑ぶりとなり、大変な賑わいぶりでした。

c0036080_22161689.jpg

商売繁昌・家運隆昌・吉兆のお笹や縁起物の大宝・福俵・福箕・熊手・福鯛・宝船・宝来等をそれぞれ巫女さんに注文して福ざさに取り付けてもらうのです。

c0036080_22175085.jpg

どう言う訳か、可愛い巫女さんの所には大勢の客が集まるんですね。
何か良いことがあると思ってるんでしょうかね。。。

c0036080_22184376.jpg

東映撮影所からも女優さんが駆けつけて、一人一人に丁寧に福ざさを渡してくれるのです。
京都ならではの風景でしょうか。

c0036080_22202892.jpg


福ざさに縁起物を取り付けてもらった人達は商売繁盛を願って持ち帰り、お店に飾るんですね。
今年も1年良いことがありますように!そして宝くじも当たりますように!!
# by tad64 | 2005-01-17 22:08 | 祭り | Comments(7)