「 南 瓜 」

京都市の祇園甲部歌舞練場敷地内の八坂倶楽部に「フォーエバー現代美術館(祇園・京都)」が開設され、
美術館玄関前には、高さ約4メートルの代表作「南瓜」が鎮座し、黄色に黒の水玉が招待客を迎えてくれる。(京都新聞より)
c0036080_10135123.jpg




秋田県内で活動する「フォーエバー現代美術館」が京都・祇園で同館がコレクションする世界的な美術家草間彌生さんの
ポップな水玉模様の作品群が、大正期の木造建築空間を彩っている。
c0036080_10181837.jpg

c0036080_10191130.jpg
会場入り口風景
c0036080_10194844.jpg
c0036080_10203505.jpg
c0036080_10213485.jpg
c0036080_10223947.jpg
c0036080_10233896.jpg
c0036080_10240977.jpg
c0036080_10250887.jpg

c0036080_10262833.jpg
c0036080_10255750.jpg
この側で一休みしておられた和装の方をちょっと撮らせて頂きました!
c0036080_10271517.jpg
帰り際に花見小路で出会った外人さんです。

c0036080_10293817.jpg

by tad64 | 2017-06-13 10:30 | アート | Comments(10)
Commented by Photo-Lover777 at 2017-06-13 12:26
おはようございます。かぼちゃが大流行りですね。これも、草間弥生さんの作品でしょうか?
和装の女性は京都の街並みにぴったりです。
Commented by A-HIMEKKO at 2017-06-13 14:35
大正時代の建物

現代アートのコラボ・・

これも今風なんでしょうか?
京都祇園やからサマになってるような。
浴衣の外人さんと日本人のように♪
Commented by anotherwesty at 2017-06-13 21:53
こんばんは。
ぎょっとするような組み合わせが楽しいですね~♪
このような斬新で粋な発想は、
案外、大阪よりも京都に似合っているようですね。
Commented by surgeon24hrs at 2017-06-14 06:43 x
こんばんは。

草間彌生展でしょうか。
こちらでは来年の秋に、草間彌生展が開かれることになっていて、今からなりのの入りで宣伝していますよ。
みなさんがおっしゃっているように、あ現代美術と伝統の共演ですね。
Commented by voyagers-x at 2017-06-14 10:16
おはようございます!!
今流行の草間弥生三の作品でしょうか
インパクトがありますね
驚きのインパクトで楽しまさせてくれる楽しさを感じますね
む?外人さんの着物姿?
結構似合っていますね

Commented by tad64 at 2017-06-14 15:53
★ Photo-Lover777 さん
はい、これは草間弥生さんの作品です。先日京都新聞に掲載されていたので撮りに行かなきゃと思い出かけてきました!
古都と言われる京都にはやはり和装の女性が似合いますよね♪
Commented by tad64 at 2017-06-14 16:01
★ A-HIMEKKO さん
おっしゃる様に上手く溶け合うようにコラボされていますね♪
京都は結構革新的な都市でもあるんですよ。
歴史を残しつつ革新的な産業(企業)が息ずく都なんです。それが不思議と上手く調和しているんですよね・・・
Commented by tad64 at 2017-06-14 16:06
★ anotherwesty さん
不思議なものですね。普通は違和感を感じるはずなのですが、それがそうじゃなくて意外とマッチしているんですよ♪
また京都にお越しくださいね。
Commented by tad64 at 2017-06-14 16:10
★ surgeon24hrs さん
はい、草間彌生展ですよ。そうなのですか、来年の秋の展覧会の宣伝を今からされているんですか!気の早いことですね。それだけ人気があると言うことなのでしょうね。
Commented by tad64 at 2017-06-14 16:16
★voyagers-xさん
そうなんです、草間弥生さんの作品なんです。
これには皆さん一様に驚きますよね♪

最近は外人の方が結構レンタルで和服姿になり京都の街を散策される姿が良く見かけられるんです。
外人の女性でも和装姿には憧れるんでしょうね・・・
<< <地下街にて> トンボ王国 >>