< 四国霊場38番札所・金剛福寺 >

足摺岬の直ぐ側に38番札所・金剛福寺があり私たちはこちらにも立ち寄りました。
c0036080_19401894.jpg







HPをくぐってみると・・・
当山は、国定公園足摺岬の突端にあり、境内三六,000余坪(十二万平方メートル)の大道場。
今を去る千百五十余年前、嵯峨天皇の勅を奉じて、弘法大師この地に来らせ、開創せられた。との事です。
c0036080_19412489.jpg
c0036080_19421916.jpg
             先ずは手を清めて・・・

c0036080_19431164.jpg
<大師亀 >

足摺岬の突端に「亀呼岩」があります。お大師さんが亀を呼び眼前に浮かぶ不動岩に渡り修行したと伝えられています。
(足摺7不思議の一つ)いろんな願いを叶えてくれるそうです。
c0036080_19474464.jpg

本尊は、三面千手観音菩薩、脇仏は、不動明王と毘沙門天であります。代々皇室の勅願所として栄え、また源家一門の尊崇をうけ多田満仲公は、多宝塔を建立し、源頼光公は家来の渡辺綱に命じて、諸堂を再営されたということであります。
c0036080_19461939.jpg
        大師は伽藍を建立したときに三面千手観音像を彫造して安置し、「金剛福寺」と名づけられた。
c0036080_22394296.jpg

           「金剛」は、大師が唐から帰朝する際、日本に向けて五鈷杵を投げたとされ、
           別名、金剛杵ともいう。また、「福」は『観音経』の「福聚海無量」に由来している。
c0036080_22415965.jpg
           
         
           外人のご夫婦もお参りに来ておられました♪
c0036080_22432004.jpg
c0036080_22444251.jpg
c0036080_22450559.jpg

前の三十七番札所から80余km、いまは車で約2時間余、歩いたら約30時間、
3泊4日はかかり、四国霊場の札所間では最長距離で、まさに「修行の道場」である。

c0036080_22493302.jpg
c0036080_22502543.jpg
c0036080_22504225.jpg
c0036080_22514102.jpg
c0036080_22522508.jpg
c0036080_22525728.jpg
c0036080_22532601.jpg






by tad64 | 2017-06-02 22:54 | | Comments(6)
Commented by gaku0107boo at 2017-06-02 23:54
こんばんわ!
仏像のお顔がすごく印象的ですね。
一体一体微妙に違う顔をしているんでしょうか。
土門拳じゃないですが、いずれ隠居したら(出来る?・・・汗)取り組んでみたい被写体です。
Commented by voyagers-x at 2017-06-03 10:30
おはようございます ! !
皆さんたくさん歩かれるのでしょうね
たくさん歩けば膝の健康管理もバッチリですね
運動不足になる事もほとんどないのでしょうね
時間がたっぷりあったら邪悪な色に染まった自分の心を浄化させたいのですけど ^^;
Commented by A-HIMEKKO at 2017-06-03 17:53
こんにちわ
四国お遍路の上着(白衣)を
その時に入れてほしい、、、
という母の遺言でした。
天国に行けたかしら?

私の友人は、西国巡りが途中だった親御さんの想いを受け継ぎ、
すべてまわったとか。

いろんな想いでみなさん、回られているのでしょうね。
Commented by tad64 at 2017-06-05 10:23
★ gaku0107boo さん
土門拳さんの仏像写真は本当に見事な作品ですよね。
じっくり三脚をすえてちゃんとしたカメラで撮ってみたいものです。
隠居まで待たずに是非取り組んで下さいよ!
Commented by tad64 at 2017-06-05 10:32
★ voyagers-xさん
四国霊場めぐりを歩いて回るとなると本当に足腰がしっかりしていないと大変でしょうね。
でも私たちの車とすれ違った数名の方々は一人で黙々と歩いてお遍路されていました。
凡人の私には頭の下がる思いでした。
Commented by tad64 at 2017-06-05 10:42
★A-HIMEKKO さん
私の母にもお遍路の上着(白衣)を着せて送りました。
きっと喜んでおられると思いますよ♪
お遍路なさる方々にはそれぞれの想いがおありでしょうが、全てを回りきることは本当に大変なことと思います。
<< <四万十市の居酒屋・郷土料理 ...  < 足 摺 岬 > >>