お伊勢さん参り(5)

いよいよ内宮様へお参り致します。
内宮様は正式には皇大神宮(こうたいじんぐう)と言い皇室のご祖神の天照大神をおまつりする、わが国で最も尊いお宮です。
c0036080_13561389.jpg




振り返ってみるとこんなにも多くの方々が次々とお参りに来られていました。
c0036080_13571547.jpg


神宮の社殿は「唯一神明造」(ゆいつしんめいづくり)と呼ばれ、古代のお米の倉の形だと言われているそうです。
萱葺きの屋根には10本の鰹木(かつおぎ)がのせられ、4本の千木(ちぎ)の先端は水平に切られています。
私がお参りした時は未だ新社殿には移っておられませんでした。
c0036080_142564.jpg


帰り道の道中に真新しい「御稲御倉」(みしねのみくら)も造られていました。
稲は「命の根」と言われる様に、日本人はお米を命の糧として暮らしてきました。新田でお田植えをし、五穀豊穣を祈る。
そして、実りの秋には一年で最も重要なお祭り「神嘗祭」が行われます。
c0036080_1452465.jpg


こちらには新しい「外幣殿」(げへいでん)が・・・
c0036080_14124443.jpg


荒祭宮(あらまつりのみや)
天照大神の荒御魂(あらみたま)をまつる別宮で、荒御魂とは神の特別な働きをする状態、または神が現れた状態といわれています。
旧社殿の真右横に新社殿が建てられ間もなく遷宮が執り行われます。
c0036080_142004.jpg

次回は小学校の修学旅行で記念写真を撮った懐かしい夫婦岩をご覧いただきます。
by tad64 | 2013-09-12 14:21 | | Comments(2)
Commented by borderlines at 2013-09-14 22:57
いよいよ内宮編ですね。
それにしてもすごくたくさんの参拝客。さすがは20年に一度の遷宮の
年です。(^^)
お白石持行事も無事に終えられたようでよかったですね。
Commented by tad64 at 2013-09-15 16:57
★borderlinesさん
5年前にお参りした時とは遥かに多くの方々がお参りされていましたですよ。やはり遷宮と言う節目の年だからでしょうね!
お白石持行事の写真を未だUPさせて頂かないままで申し訳ありません。
在庫不足の状況なので少しずつ小出しにして繋がなきゃならない事情をお察しくださいまし。。。(苦笑)
<< お伊勢さん参り(6) お伊勢さん参り(4) >>